変態エンジニアシリーズとは

僕の少ない採用経験、およびエンジニア経験から採用したいなと思った人や、仕事をまたしたいと思った人の特徴を上げていくシリーズです。

今回は、アプリケーションエンジニアではなく、インフラ系の保守・運用エンジニアについてのお話をさせて頂きます。

保守に強い変態エンジニア

エンジニアというとプログラミングでソフト製作、という一般的なイメージがあるかと思いますが、もう一つ重要な任務を忘れてはいけません。サーバが常に動いているのは、保守・運用を行うエンジニアの活躍があってこそです。

保守ができる人がいるプロジェクトといないプロジェクトでは、金銭面でも納品面でも安心感が違います。

保守・運用の経験から開発中からでも準備をすることができる

保守の人は全体を見て原因の切り分けをする必要があるため、視野が広いです。
なぜ視野が広いのかと思ったら、アプリケーション・サーバ・ネットワークとレイヤーごとにスパっと割り切って考えていることが一番の原因だと思います。

そのため、開発時に考慮漏れが少なくなる事は間違いありません。

保守・運用フェーズには言うまでもなく役に立つ

経験の浅いアプリケーションエンジニアは問題があった場合、アプリケーションの調査から入る人が多いように思えます。
しかし、実は外部連携しているサービスが落ちていたり、レンタルサーバが保守中だったりすることがあります。
そのような場合にでも、前述のように視野が広いため順序を間違えずに最短で調査をすることができます。

そんな場合は少ないよ、とおっしゃる方にもう1事例。

営業面でも大活躍

お客様やユーザがトラブル時には「システムに問題があった場合は全てソフト作った人の責任」と考えてしまうようです。
そして、経験が浅い営業だったり、または小さい企業で働いていると「それもそうだよな」なんて納得してしまうこともあります。

誰もあなたのことを狙っていないのに、自ら包囲網を敷いている人をよく見かけます。
保守エンジニアはそういう人達のことを「本当にしょうがない人達」と陰では思っているのかもしれません。
(実際、僕もそう思われていました)

オープンソースを利用している場合、サーバ屋、オープンソースコミュニティなど、実は最短手順というのは構築した会社に問い合わせることではありません。

こういう場合はサーバ屋、ああいう場合には我々の出番というのがきっちり線引きされていれば、お客様もわざわざアプリ担当に声をかけてくる理由はないんです。
その場合には、お客様に各レイヤーごとの役割を教えて上げることで、責任分解ができます。

保守エンジニアは先ほども申し上げた通り、全てのレイヤーを見ているのできっちり責任分解が頭の中にあります。
ネットワーク、ハードウェア、ミドルウェア・・・・というレイヤー図。

僕はとあるエンジニアにこの事を教えてもらい、目から鱗が落ちる思いでした。
視野が広い、保守のエンジニアならではの視点だなと思いました。

おまけ:発注者側が安心して安く発注するには

もし、発注する立場から見た場合、最も低予算かつ迅速な対応をするには、責任分解を自社で負う事をオススメします。
見えないリスクを減らしてあげる事で、下請け見積もりを下げる交渉材料ができる事も覚えておいたほうがいいでしょう。